エンジニアがフリーランスを始める傾向が強くなっていますが、決断する前に覚悟しておかなければならない点があります。独立してフリーランスを始めると自分で仕事の獲得を行わなければなりません。フリーランスのデメリットとして筆頭に上がるのが仕事が続けられなくなってしまうリスクを常に抱えなければならないことです。

仕事の契約が取れているうちは何も問題ありませんが、契約が切れたときに次の契約が見つからないと収入がなくなってしまうでしょう。その期間が長引いてしまうと生計を立てるのが難しくなります。そして、延々と次の仕事が見つからないという状況になったら廃業せざるを得なくなるのです。このことを念頭において働かなければならないのがフリーランスをするエンジニアであり、いつになっても仕事の獲得ができるように自分の能力を磨き続けなければなりません。請け負った仕事をする傍らでIT業界の動向をよく勉強し、どのような能力が求められていくかを予測する必要があるでしょう。そして、その予測に基いて新しい技術や知識の習得に努めていくと長くフリーランスで働いていけるようになります。

仕事の獲得ができるかどうかは企業などで必要とされている能力を維持できるかどうかにかかっているので、漫然と働かないようにしなければなりません。仕事をする以外の部分で努力を続けなければならないのはフリーランスをするデメリットですが、その努力次第でより活躍できるようにもなります。大幅な年収アップも不可能ではありません。