企業にとっては社内の人材によって全てのプロジェクトを進行させられればそれに越したことはないのは明らかでしょう。しかし、企業内の人材では不足してしまう点があったときには人材を補わなければなりません。フリーランスのエンジニアが果たす役割はこのような不足を補うことです。そのため、企業が何を求めているかを把握しておく必要があるでしょう。

あるスキルを持っているエンジニアが足りなくて困っているから増員したいというのはフリーランスにとって典型的な仕事であり、仕事の獲得をするときによく目を向けられるものです。また、あるプログラムやシステムの開発などを行える人材が欲しいというときに請負案件もよく出されています。これもまたフリーランスのエンジニアが担う仕事として多いものであり、仕事の獲得にはその仕事を単独で担える能力が求められます。一方、マネジメントを担う人材が不足しているためにプロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーなどを募集していることも増えているのが現状です。

どのような人材が不足しているかの情報収集を行い、それに合わせた能力を身につけると仕事の獲得がしやすくなります。また、仕事の獲得のために面接に行くときには、その企業で不足しているものについての情報を根拠にして自分の能力をアピールすると効果的でしょう。基本的にフリーランスのエンジニアの役割は企業内では足りないものを補うことだという認識をしておくと、仕事の獲得をするのにも勉強するのにも役立つのではないだろうか。