企業に勤めているのとは異なり、フリーランスには定年がありません。雇われの身ではないため、雇用規定などが存在するわけではないからです。独立して働きたいと考えたエンジニアは定年を気にせずに働けるメリットがありますが、あくまで定年がないのは形式上のものであって、収入がなくなる可能性はあると理解しておく必要があります。

フリーランスをしているときには自分で仕事の獲得をして、契約で定められた仕事を遂行することによって報酬を手に入れるという形で働くのが常です。仕事の獲得ができなければ収入がなくなるのは明らかでしょう。フリーランスを続けるためには年齢を気にせずに企業が仕事を依頼してくれる状況を作らなければなりません。仕事の獲得ができなくなった時点が実質上の定年であり、晩年まで働きたいのなら着実に需要に応えられるように能力を維持していく必要があります。

IT業界は変化が大きいので常に新しい能力を身につけていかなければならないでしょう。その変化に追いつけていけるかどうかは個人の努力次第であり、フリーランスを続けたいという意志がどれだけ大きいかにも依存します。努力をすれば通常の定年を過ぎてもまだ仕事を依頼してもらえて延々と働けるようになる可能性があるのも確かです。しかし、努力を怠ってしまうと若くして仕事が手に入らなくなってしまい、引退を余儀なくされてしまう可能性も否定できません。フリーランスの定年は自分の努力次第だと覚えておきましょう。